切手買取のススメ | 役立つ情報をギュッと凝縮!

郵便ハガキの封筒版である郵便書簡で郵便利用を身近に簡便に

郵便物を差し出す時は、郵便用封筒を用意し、便箋等に字をしたため、大きさと重さに従った郵便切手を添付してポストに投函するのが、基本的決まりです。しかし、このような旧態依然とした郵便制度では、現代の通信技術の進歩の中で、電子メール等が若者世代を中心に浸透している今日では、切手を用意する手間と、字を筆で書く習慣が廃れてきており、日に日に郵便と言うものが忘れさられ、利用者が減少していきます。郵便局では、郵便制度を多くの国民に利用して頂く為に、郵便書簡、別名ミニレターと呼ぶ手軽に郵便をしたため差し出せる便利な郵便物を販売しています。郵便書簡の利点は、封筒にあたるところが便箋になっていて、書をしたためた後は、縁を糊付けし封筒状に形成して、表には、額面62円の郵便切手が郵便ハガキのように印刷されているハガキの封筒版なので、郵送先住所を記入するだけで投函できる便利な郵便物です。更に、この郵便書簡は、重量25グラム以内であれば、他に紙片等を差し挟むこともできますので、定形郵便の82円より格安なのです。